2010年07月04日

初めて本試験を受けてみて

本試験を受けてきました。

電車で2時間揺られて、蒸し暑い中を歩き、初めて司法書士試験を受けた。

大学の会場であったが、教室に迷うことなく、空調に不快を感じることなく、問題がろくすっぽ解けなかったこと以外は順調だった。

講義もいまだ聴き終わってなく、復習もやっていないに等しい状態なので、試験が難しかったかどうかも判断できません。



試験の帰り道、駅に向かう何百人もの受験生の背中を見て、確率的にこの中で一番にならなければ合格はないのだ、そう考えたら、やはり生半可な気持ちや勉強では絶対に合格はないと思った。

ダラダラとやるのだったら、司法書士の受験は止めた方がいい。時間の無駄だ。絶対に受からない。

司法書士にはなりたいが、やはりとんでもないものに手を出してしまった。今更ながら実感した。

今回の本試験は不合格だが、いろいろなことを考えさせられた。そういう意味では受けた意義はあったのだと思う。

ここで怯むか、頑張れるか。

どうなんだ、俺。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


posted by kazutake3 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。