2010年07月06日

裏切りの夜

昨日嫁は仕事が終わってから、上の娘を病院に連れていった。
それから夕飯の支度では大変だからということで、その病院近くにある嫁の実家で夕飯を頂くことになり、自分も会社帰りに寄った。

着くなり義父から、試験おつかれさんだったね、とグラスにビールが注がれた。いや、全然勉強頑張っていないからお疲れじゃないですよ、なんて事実は言える筈も無く、苦笑いしてお酌を受けた。
きっと完全燃焼して受験していれば、あのビールは最高に美味かったに違いない。しかし、自分の頂いたビールはいつも以上に苦かった。

去年の5月、自分は自分に関わる周りの人を知らず知らずのうちに巻き込んで司法書士の受験勉強に望んだ。巻き込まれたその誰一人として、一発での合格など期待していなかったと思うが、最低でも自分の出来る範囲で精一杯勉強はするだろうと期待はしたと思う。けどしかし自分はその最低の期待すら応えることが出来なかった。

裏切ったという気持ちでいたたまれなくなった。
しかし一人帰るわけにもいかず、何も訊かれないようにと絶え間なくビールを飲んでしまった。

飲みすぎて酔っ払い、家に帰り直ぐに横になったが全然寝れない夜だった。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
posted by kazutake3 at 13:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。