2010年08月24日

解けないのに過去問する意味あんの?

只今残業中ですが、休憩がてら気晴らしに更新します。

昨日は23時頃から24時過ぎまでやり、4時半に起きて5時から始めましたが、いつもなら6時半に起きる下の娘がが6時に起きましてそこで終了。
今はまだ暑く、エアコンのあるリビングで勉強しているので、娘が起きたら即終了なのですが、もう少し涼しくなったら部屋にこもれるので、7時までは時間の確保はできると考えています。集中力と気力があればの話ですが。

相変わらず不登法の過去問にあたっていますが、民訴系の知識がないと解けないものもあり、力不足を痛感しています。まあそういうことを分からせる為にざっと過去問にあたっている意味もあるのでいいっちゃいいのですが、どれほど頭に詰め込めばいいのかと辟易してきます。
過去問なんてあたらずにテキストを読んだ方のが勉強になり良いと思いますが、今はまだ時間があるので身をもって知識の無さを感じて、テキストを読むときには深く広げて読めればいいかなと軽く考えています。

今日の勉強 不登法・不登記述 過去問 

明日は朝から屋上の防水塗層の上塗りをやるので夜のみ勉強します。



↓クリックでランキングに反映します
もし宜しければお願いします
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ


posted by kazutake3 at 17:49| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。